メニュー

Q&A

よくいただくご質問にお答えします。

カウンセリング対応時間に時間が合わないのですが
ご迷惑をおかけしております。
平日の日中は処方箋の対応もしておりますので予約をお受けできません。
木曜日と土曜日の午後以外でも日曜祝祭日夜間などできるだけご要望にお応えいたしますのでご予約の際にその旨お申し付けください。
初回は来店が必要ですか
原則ご来店をお願いしております。より最適な漢方治療を行うために一度お会いしたいと思っております。2回目以降は動画カウンセリングなどで対応いたしますのでご安心くださいませ。(どうしてもご来店が難しい場合はご相談くださいませ。動画で対応させていただきます。)
漢方は同じものを続けるというイメージがあるのですが?
漢方薬を選ぶにあたって大事なことはあなたの体質と症状です。
漢方薬を服用することでカラダの中のバランスがととのえられていきます。
その過程で症状にも変化が出てきます。その変化を確認しながらほぼ毎回漢方薬を変更していきます。
ちぎょうの漢方では長期間同じ漢方薬を服用することの方が稀です。
漢方薬は長期間続けないと効果が出ないのではないですか?
漢方薬は長期間服用する
そんなイメージがある人は多いのではないでしょうか。
長期間の認識は人それぞれですがちぎょうの漢方では以下のように考えています。
・症状を改善させる目安
6か月程度(症状によって変わりますが長くても1年程度)
そこでいったん卒業されてもよいですしバランスが崩れないように継続されてもかまいません。その時が来ましたらご提案いたしますのでご安心くださいませ。
陰陽五行体質判定とはなんですか?
症状翻訳家渡邊賢先生が開発した、誕生日をもとに九星気学の考え方をカラダに当てはめた体質判定システムです。
9の数字が木火土金水に当てはめられます。
数字が高いから良い低いから悪いというわけではなく、生まれた時にこのバランスで自分が成り立っていますよということを表しています。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME